『タフトカーペット・タイルカーペットについて』カーペットの豆知識 VOL.3

法人営業部の植です。今回も引続きカーペットの豆知識VOL.3として、タフトカーペット・タイルカーペットについてご案内いたします。

タフト・タイルカーペットは、カーペットの量産型商品として一番適した商品です。安価な商品から中・高級商品までいろいろな用途に対応しています。また、形状は、ループ・カット・カット&ループ・多色柄対応と多種になります。

タフトカーペットの製造工程

タフトカーペットは織りカーペットと違い、タフト機でPP基布にパイル糸を植込む(ミシンの針に糸を通して基布に突刺してパイル糸を作る)要領でパイル糸を植毛していきます。

その際に植込んだパイル糸を、ループにしたりカットにしたりして形状を作ります。また、パイル長を調整し、様々な変化をした表現ができます。

さらに、PP基布に植込んだ基布に、強度と寸法安定させるためのジュートや不織布を貼り加工します。

タイルカーペットの製造工程


タイルカーペットはタフトカーペットと同じ工程で生産されるのですが、加工段階でPVCバッキングの樹脂で下層が固められ四角いタイル状に形成されます。また、不織布などの型くずれしにくい素材でタイル状に形成したものもあります。

固定されたスクエアー(50cm角)で並べて施工するので非常に簡単に施工できるなどの利点があります。

トップへ戻る