おすすめスポット一覧

横浜ディスプレイミュージアム

横浜ディスプレイミュージアムに行ってきました。
ディスプレイミュージアムは横浜駅からすこし外れたところにあり、商業施設などのショーウィンドウや、店内を飾る為のものが色々揃っています。
ミュージアムという名前ですが、ショップで品物の購入も可能。
館内は自由に出入りが出来るので、何も買わずに中を見る事も出来ます。

111019_1.jpg

上の写真はディスプレイ用の造花です。
それぞれ色別、種類別に分けて飾ってあり、とてもきれいでした!

111019_2.jpg

花だけではありません。クリスマス用の特大ツリーやリースも置いてありました。
他には、パンやハムなんかの食べ物の形をしたものもあり、これが、良く出来ていて本物そっくり!
美味しそうでした。
駅から少し歩きますが、行ってみると非日常感たっぷりで、楽しい所です。


リビングデザインセンターOZONE

新宿パークタワー内にある「リビングデザインセンターOZONE」へ行きました。
何回か足を運んだ事はあるものの、数年ぶりに訪れました。

111017.jpg

家具、インテリア、壁紙、ファブリックなどのショールーム、建材や建具、キッチン、バスのショールームがあり、実物に触れる事ができます。
7Fにあるカタログ・ライブラリーでは住関連メーカーのカタログ、サンプル帳を見る事ができます。
コンランショップもあるので、さらなる楽しみがあります。

OZONEでは住まいづくりの各種無料セミナーも充実しているようで、次回はセミナーを受講してみようかと計画中です。
OZONEのHPはこちら:http://www.ozone.co.jp/


カップヌードルミュージアム

新しいもの、話題のスポットが大好きな私。
9月17日、横浜のみなとみらいにオープンしたての「カップヌードルミュージアム」に先日行って来ました!!

世界で初めてのインスタントラーメン、チキンラーメンの発明者で日清食品の創業者である安藤百福さんという方が、どのようなプロセスでチキンラーメンを作り上げたのか、パネルや映像で紹介されています。
チキンラーメンは安藤百福さんがたった1人で丸1年間、1日の休みもなく研究を続けた結果の産物だそうです。
なにごともあきらめずにがんばってやりとおすことって大切なんですね!

111005.jpg

ミュージアムの中には、カップヌードルのカップに自分でデザインし、好きなスープ・具材を選んで中に入れ、おみやげ用にパックしてくれる「カップヌードルファクトリー」があります。
お絵かきなんて久しぶりでしたが、うきうきしながらオリジナルのカップヌードルを作って来ました♪

みなとみらいに遊びに行ったら、立ち寄ってみてくださいね!


まだまだ暑い日が続いています

先週の日曜日、友人数名で東山動物園へ行って参りました。
ぐっさん(山口智充さん)が、フクロテナガザルの鳴き真似をする事で有名な、名古屋の動物園です。

台風直前で、お天気が心配でしたが、当日は暑い位のいいお天気。
動物たちもこんな感じです・・・。

110922.jpg

暑さはまだまだでしたが、道端に栗が落ちていたり、季節は少しづつ、秋を迎えていました。

そんな中、お昼は、お弁当を広げてワイワイ。
その後、画用紙とクレヨンを手に取り写生大会(笑)
個性豊かな作品が出来上がり、みんなで大笑いです。

思いつきで訪れたものの、環境問題や動物について勉強になる事も大変多く、季節を感じたり、それぞれの感性に触れたり、とても充実した一日でした。

また、各地で台風の影響が出ていると思います。
降り続ける雨の音と、テレビの報道に不安になりますが、皆様、大丈夫でしたでしょうか。
くれぐれも安全には気をつけて頂けますようお願い致します。


青の洞窟??

雑誌に載っていた洞窟巡りに行ってみよう!という話になり、暑い日ではありましたがこの夏、初めて堂ヶ島の洞窟クルーズに行ってきました。

洞窟の中に入ると途中ポッカリ天井部分に穴が開いているのですが、そこから差し込む光が幻想的で、そして何といっても水が透明で青々としていて、とても綺麗でした!
日本に居ながらイタリアの青の洞窟にでも行った様な(実際の青の洞窟は見ていないのですが…)気分で大満足でした。
お近くに行かれた際は皆様是非立ち寄ってみて下さい!

110921.jpg


ショップ巡り

110819.jpg

お休みの日に吉祥寺に行きインテリアショップや雑貨屋巡りをしました。
自由が丘に集まっていた好きなショップが吉祥寺にもオープンしたお陰で、気軽に出かける事が増えました。
こんなに暑い中、ショップではもう秋のディスプレイやコーディネートがされており、飽きることなく見る事ができました。

秋に向けて模様替えなどいかがでしょうか。
家具を替えるのは大変ですが、カーテンを1枚掛け替えるだけで部屋の印象をガラリと替えることができますよ。


オススメのかき氷屋さん

かき氷を食べるために2時間待ち!!!
信じられますか?

それは、朝から気温30度を超える猛暑日のこと。秩父に、おいしくて有名なかき氷のお店があるので行こう!!と友人に誘われ、訪れたところ。。。。
開店時間の10時より30分前に着いたら、さんさんと降り注ぐ太陽の下、すでに長蛇の列。
途中、暑さのため意識が朦朧としつつも、およそ2時間後ようやくスペシャルなかき氷にたどり着きました。

秩父の氷やさん【阿佐美冷蔵】
ここのかき氷、たくさん食べてもアイスクリーム頭痛にならない!といううわさどおり、たくさん食べても全然大丈夫でした。
なんでも、不純物の入っていない天然の水から氷を作っているので、頭痛にならないんだそう。
上からかけるシロップもいろいろで、キャラメルやら秘伝みつやら落花生やら苺ミルクなどなどなど。
みんなでシェアしていっぱい食べてきました。
2時間並んだけど、また行きたいなー。と思うお店。
秩父観光の際は外せませんよ!!


立川ショールームの隣りにあるオアシスファーム

早いもので立川ショールームがオープンして1ヶ月近く経ちました。
今回は私がオープン時から良く利用しているショールームの隣にあるお店をご紹介いたします。

110627_1.jpg

オアシスファームという産直のお店で、1Fには取れたての野菜や食品を販売。
お昼になると出来たてお弁当も並びます。
2Fは昼だけ営業しているレストランになってます。
500円位でおいしい定食などが食べられ、支店長と部長が来られた際もこちらで昼食をとり「安くてうまい!」と絶賛しておりました。

今日は朝から外でイベントをやっていて、山形県産のさくらんぼなどを安く販売しており、お昼休みに立川ショールームのスタッフ皆交代で買いに行きました。

立川ショールームにお越しの際は、帰りに立ち寄ってみてはいかがでしょうか・・・

110627_2.jpg

立川ショールームのページへ
カーテン、ブラインドなど激安通信販売【松装】トップへ


夢の国

先日、浦安にある『夢の国』に行ってきました。
開園の1時間前に到着したのですが、既にエントランス前は人、人、人…でかなり賑わっていました。

みんな気合い入ってるなと思いながら待つこと1時間、ついに開園!!…と同時に驚かされました!
入場待ちの人々が一斉にダッシュし始めたのです。
みんなそれぞれ、目標地点に向かって思い思いの方角へ散っていきます。
相変わらずすごい光景ですね。
周囲に圧倒されながらも行列覚悟で、なるようになるさとマイペースでパーク内を歩き廻りました。

それにしてもここの建物はどれも手が込んでいますね。
細部までこだわりを持ってお客様を楽しませるために配慮されているという気がします。
ヴィクトリア様式の建物が軒を連ねる街並みは現実を忘れさせてくれます。
海外の雰囲気が味わえていいですね。
いつか、こういう建物のカーテン等をコーディネートしてみたいです。

20110614.jpg

また、感心させられるのはスタッフの方々の心のこもった対応。
高レベルなサービスに触れることができるので、何度来ても心地よいです。
私もこの精神を見習ってお客様に一歩進んだ対応ができるよう常に心掛けたいと思います。

午前中はどこもある程度(30分くらい)並んだのですが、午後になると待っても15分という状況で、スイスイ快適に楽しんでいけました。
あの開園前の大行列はどこへ行ったのやら。
来場者は意外と分散するんですね~。

夜になると、どのアトラクションもほとんど待ち時間無しで楽しめました。
朝からではなく、午後から行くと快適に過ごせるかもしれませんね。
まぁ、どれを楽しむかにもよりますが…。

どうやら6月は年間を通じて比較的空いている時期みたいでオススメです。


国際バラとガーデニングショー

「国際バラとガーデニングショー」に行ってきました!
今年で13回目になる催しです。

花よりグリーンの方に興味が向き始めてしまい、何年も行っていませんでした。
今回、大好きな画家モネなどの印象派の庭がテーマだった事と、憧れのガーデンデザイナーの吉谷桂子さんが今年も参加されていたので、足を運ぶことにしました。
印象派の庭は言うまでもなく素敵なものでした。

その他に目に留まったのはフランス人フラワーデザイナーのローラン・ボーニッシュ氏によるフレンチスタイルの庭とキッチンでした。ご本人がアレンジをしているところも実際に見る事もできました。
自由が丘にはフラワースクールとアトリエがあるそうです。
久しぶりに行ったガーデニングショーで心身共にリフレッシュすることができました!

ローラン・ボーニッシュ氏によるプロバンスの田舎小屋のキッチンと庭の作品

110517.JPG


トップへ戻る