「ダイアン・クライスコレクション アンティーク・レース展」へ行ってきました。


皆さまこんにちは。いつも松装ブログをご覧いただき、誠にありがとうございます。千葉ショールームのAです。

先日、渋谷区立松濤美術館で開催中のダイアン・クライスコレクション アンティーク・レース展に行ってきました。館内の写真撮影は禁止のため展示品のご紹介が出来なのが残念ですが……。

  • レース誕生と遍歴
  • レースに表現されるもの
  • 王侯貴族のレース
  • キリスト教文化に根付くレースの役割
  • ウォーレース

上記のような、16世紀から19世紀のレース全盛期の品々を中心に展示されておりますので、ご興味のある方は是非行ってみてください。

基本情報:ダイアン・クライスとは?

世界的なアンティーク・レースのコレクターで鑑定家。ベルギ-国/アントワープに生まれ、祖母の膨大なレースコレクションに囲まれて育った。

美しい布地に魅惑されたダイアンは祖母のレースコレクションを鑑定、作られた年代を追及し始めた。そして、これらを正確に行うためにロンドン、ヴィクトリア&アルバート美術館の学芸員の指導のもと、彼女のレースの研究が始まったそう。

ちなみに…アントワープは小説「フランダースの犬」の舞台としても有名なのです。

あらためてレースと言っても多種多様です。機能性レースが重宝される昨今ですが、千葉ショールームも素敵なレースの展示・取扱がございます。

新しい生活に
何気ない毎日に

お打合せご希望のお客様、御予約はホームページまたはお電話でも承っております。

トップへ戻る