名古屋ショールーム施工例

今日は名古屋ショールームの施工例をご紹介します。
お客様のご提案からレースカーテンと厚手のシャープシェードの組み合わせです。
130404_01.jpg
シェードに利用したのは、スミノエの「D-8269」
シャープシェードは横ラインを生み出し、空間を引き締める効果があり、モダンなお部屋づくりに良く合います!
130404_02.jpg
レース生地はフェデポリマーブルの「FC777-01」、タッセルも同じくフェデポリマーブルの「RT771-03」を選ばれました。
レースカーテンはシワ加工で作られたウエーブが柔らかさを与え、シャープシェードとの対比がポイントだと思います。
モノトーンで統一された中、タッセルがアクセントカラーとして映え、お部屋を彩ります。
さらに、タチカワブラインドのモダンマテリアルバランスを採用。
カーテンレールとシェードの上部をバランスで隠すことにより、高級さとスタイリッシュさが加わります。
細部にまでこだわりを感じる、とっても素敵なお部屋です。
後付のモダンバランスコレクションには「ピアカラー」「ファインレザー」「エクストラウッド」と3シリーズが展開。
家具や床とのコーディネートができるよう、カラーバリエーションも10色取り揃えています。
1mm単位で製作可能なのも嬉しい要素。
130404_03.jpg
また、窓枠の上ではなく天井面からカーテンを吊るすことで、天井高を高く見せる効果があります。
通常、天井にはカーテンレールを取付けるための下地が入っておりませんので、天井に何か取付を考えられている場合は、予め天井面に下地を入れるよう工務店さんとお話を進めてくださいね。
松装カーテンセンター「名古屋ショールーム」のページへ
スミノエ カーテン「モードエス D-8269」のページへ
フェデポリマーブル 「FEDERICCO」のメーカーページへ
タチカワブラインド 「バランスコレクション」のページへ

トップへ戻る