施工写真一覧

“どんすばり”をご紹介!

今日は川島織物セルコンのどんすばりを御紹介いたします!

どんすばり
・・・あまり聞かれない言葉ですが、古くはヨーロッパの宮殿などの壁の装飾として使われてきました。石造りの建物には優雅な装飾性だけではなく吸音することもあって効果的に使われていたそうです。

国内では主に輸入住宅や結婚式場などで使われていましたが最近ではモダンな使われ方も増えております。

特に薄型テレビ、ホームシアターの普及により音響効果と意匠性のある「どんすばり」が注目されつつあります。

昔の施工方法は壁に中綿を貼って生地で覆い、四方を釘で止めていき釘頭を隠す為にパイピングコードを頭のない釘で固定するという職人技が必要で非常に高価なものでした。

現在の施工方法はカーペットのグリッパー施工とよく似ていて簡易的になっています。

◆まず四方にジョイナーという部材(白い部分です)をタッカーで止めていきます。

どんすばり(1)

◆次にモルトン(中綿)をタッカーで止め、生地は四方に止めたジョイナーの隙間にヘラで押し込みます。

どんすばり(2)

◆生地を張りながらしわを伸ばしながら生地を押し込んで完成です。

どんすばり(3)

写真はオーディオルームのため中綿を2重にして防音性とふくらみのある意匠性を出しております。

お部屋全体だけでなくホームシアタールームのスピーカーの裏側の一面だけ張ってみたり寝室のベッドのヘッドボード側の一面だけ張ってみるのも素敵な空間に変わりますので、ぜひ一度お試しください。


窓辺に夏らしさ

今回は夏らしいカーテンのコーディネートをご紹介いたします!

シンプル、モダンといったインテリアに人気のバーチカルブラインドですが、ちょっとした工夫で窓辺をさらに楽しむことができます。

バーチカルブラインド+オーガンジーのレースバーチカルブラインドは窓枠の中に取り付け、シンプルでモダンなワイヤーレールを使いました。

◆]オーガンジーのレースをひだを取らずにクリップでつまんで軽やかに垂らし、裾はあえて30cmほど長くしてみました。

レースを閉めてみるのも良し、両端に無造作に垂らすのも良し。

こんな新しいスタイルもチャレンジしてはいかがでしょうか?


白色と青色のコントラスト。

こんにちは、タイルカーペットとプリーツスクリーンの担当者です。

はやいものでもう6月になりますねぇ。
自分は6月が誕生日なのでまた1歳年↑をとります。

10代の頃に20代の人達から
「二十歳を過ぎると1年がアッと言うまだよ!」
なんて事を聞かされてましたが本当にその通りですね(笑)

なんて余談はさておき

先々週くらいに、たまたま知り合いの車屋さんから、ショールームの床にフロアタイルを貼りたいとの事で、「タジマ,ジニアスプレーン」のご注文をいただき、先週の日曜日に、施工も終わったと聞いたので早速見学にいってきました!


フロアタイルはタイルカーペットより施工が難しいのですが、ワックス掛けも終わっていてすごく綺麗に貼れていました。

使用したフロアタイルはタジマ,ジニアスプレーン「GE-1110」「GE-1180」です。


ロゴ入りロールスクリーンはいかがですか?

先日、オリジナルプリントのロールスクリーンをご注文いただきました、お客様のところへ写真を撮りにいってきました。


↑オリジナルのロゴをロールスクリーンにプリント


↑他の内装とのバランスも…。

デジタルデータがあれば、1台から製作可能ですので、チェーン店などでない店舗などでもお値打ちに提供させていただけます。
店名やロゴマークで、お店のイメージアップにいかがでしょうか?

詳しくは、お問い合わせください!

松装(株)HP


トップへ戻る