2017年10月 2日

色や柄を選ぶ時


暑さも無くなり、すっかり秋らしくなって来ましたね。

お部屋の模様替えをするには、とてもいい季節です。


私も家の模様替えを本格的にやろうと夏から動いていました。
カーテンやブラインドを新しく変えましたが、
今回はさらに壁紙の張り替えにチャレンジしてみました。

全体的ではなく、アクセントとして一部を張り替えてみました。
輸入壁紙のショールームへ何度が足を運び思い通り?のスペースに変える事ができました。


今よくある「アクセントクロス」ですが、
輸入壁紙専門店で教えていただいた事をお話ししてみたいと思います。


「大きな柄や暗い色の壁紙を張ると圧迫感や狭さを感じてしまいそうですよね。
決める時のポイントは、
その空間の広さではなく心地よいかどうか
という視点で壁紙を選んでみる方が良いですよ。」
と教えていただきました。


壁紙だけでなく、カーテンなどの窓まわりの商品も同じ事ですね。

ちょっと派手かな~、暗すぎるかな~と迷った時はぜひこの話を思い出してみてくださいね。



170929_1.jpg
画像:サンゲツのカタログ「ファイン1000」より 品番:FE-1336
170929_2.jpg
画像:サンゲツのカタログ「リザーブ」より


【施工例のご紹介】~春日井ショールーム~


カーテンレール取り外しの許可をいただきまして、

カーテンレールを取り外し、ビス穴を本体で隠すようにバーチカルブラインドの取り付けをしました。


バーチカルブラインドは重量があるのでカーテンレール取付金具でカーテンレールに取付することはオススメしておりません。

170919_1.jpg
170919_2.jpg
縦型ブラインド(バーチカルブラインド)
品番:A7766(ニチベイ)
100mm幅 W1860×H2140 コード式 左操作 右納 正面付け 部品色:ホワイト


モダンで、ムードのある素敵なお部屋になっています。



寝室は、既存のカーテンレールにカーテンを取り付けしました。


170919_4.jpg
カーテン
品番:KTB5324(東リ) 1.5倍ヒダ
品番:AZ-2552(シンコール) 1.5倍ヒダ



POINT
既存のカーテンレールを使う場合は、
既存のランナー数を数えてカーテンフックの数を【フック○個以内】と指示しておくと、カーテンが届いたときにランナーが足りなくなる心配がありません。