光も熱も遮るのに外が見えるロールスクリーン

もう今年も後半戦!
歳を取ると周りが何でもかんでも赤い彗星のように思えてしまいます。

今年の梅雨は局地的には多すぎるほどですが、
全般的には雨量が少ないまま梅雨明けを迎えつつありますね。

このままですと水不足が心配ですが、摂るべき水分は補給し使うべき水は使い、そうでない部分は節水に努めたいと思います。
もしかすると、涼しく過ごすことが節水につながるかもしれません。

遮熱、遮光のカーテンやロールスクリーンは昼間も室内が暗くなってしまいがちですが、太陽の光や熱を軽減するのに外が見える商品もあるのです。

170713_1.jpg

光を乱反射させるドイツ生まれの生地を使ったロールスクリーンです。
「省エネクールスクリーン」
と呼んでください。

可視光線(光)と日射線(熱)をカットしてしまうため冷却効率が高まります。
紫外線をもカットしてしまうため、お肌にもよく、室内の物の退色予防もできそうです。

170713_2.jpg

このような夏向けのインテリア商品をまとめてご紹介する特集を公開しておりますので、
ぜひご覧の上で松装の通販サイト、
または松装のショールームにてお買い求めください!
http://www.matusou.co.jp/topic/summer/

最後に、

九州北部での集中豪雨による大きな被害は記憶に新しいですが、
昨晩(7/12)には名古屋周辺でも大雨に見舞われまして、冠水や浸水、交通網がズタズタになる等の影響がありました。

被害に遭われた方々には心よりお見舞い申し上げます。

トップへ戻る